A. 三角バランスを基本姿勢にしています。
          脚を伸ばしすぎると、アイゼンに体重が乗らないので、ほんの少し膝を曲げた三角バランスの
          体勢を取ることが多いです。ついでに腰のひねりが少し入れば理想的。

          モンキーハングあるいは踵に腰を落とすカエル?の体勢は登るムーブとしては使いますが、
          スクリューセット中に足の筋肉の緊張を緩めることが出来ないので、スクリューセットでは殆ど
          使ったことが無いです。

          それとモノポイントアイゼンはわずかなホールドでも足がのるので、表面に凹凸があれば、
          ハイステップ気味に足を乗せてスクリューセットもします。

          バーチカルといってもツララの集合か太い氷柱かでムーブも変わってきます。
          バーチカルが延々と続くルートで、単一のムーブを繰り返して同じ筋肉を使い続けると、
          パンプしてフリーで登るのが苦しくなるので、できるだけ変化をつけるようにすると良いのですが、
          なかなか思い通りにはいかないですね〜                 堤 拓哉 旭川山岳会







SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO