A.堤@旭川山岳会です。

           慣れていないうちは、スクリューを2本使うのがよいと思います。
           最初に入れたスクリューを抜かずに、そのまま残して置きます。
           1個目の穴と同じ高さから、先端より手前を狙って2本目を入れます。
           当たる直前に1本目のスクリューを抜くのを忘れずに。
           20個/年も作れば立派なアバラコフ職人になれます。

           スクリューは氷質によって使い分けています。短い方が短時間で作成できるので。
           層雲峡など硬く安定した氷では17cmのスクリューでもラペルの支点としては十分な強度がでます。

           柔らかい氷や?な氷質の場合は念のため22cmを使うようにしています。
           作った後にアグレッシブテストをしてみるのがよいと思います。
           また最初に降りる人には、スクリューと繋いで保険を掛けておくのが無難かと。










SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO